シンガポール 変身写真 プロのメイクと民族衣装でセレブ気分を満喫

シンガポール 変身写真

シンガポール 変身写真 をスタジオで撮影した2016年10月の様子です。

サロンケバヤ(民族衣装)と夜会巻きといえば、シンガポール航空のCAの代名詞です。まるでにシンガポール航空のCAに変身したような写真になり大満足の撮影でした。

衣装・メイク・ヘアーにプロのスタジオ撮影がついて、費用はSGD120(約9,500円)ならお安く感じましたよ。

撮影した写真です。大きな写真は、下のほうにある『撮影した写真🔗』で見れます。

シンガポール 変身写真 一覧

シンガポール 変身写真 予約について

シンガポールへ行ってなんか変わったことをしたいと思い、先輩方のブログを見てこれしかない!と思い撮影方法を探していると現地ツアーとして販売されていましたので速攻予約してみました。

ツアー会社で予約する

撮影するスタジオの名前なども出ているので、ベトナムでウェディングフォト🔗を撮影した時のようにツアー会社を通さず直接メールで予約しても良かったのですが、英語に自信がなかったので今回は以下のホームページから申し込みしました。

パンダバスが変身写真のツアーを扱っています。

シンガポール 変身写真 パンダバス

パンダバスのホームページより引用

 

ホームページの下に料金など詳しい説明があります。2016年10月は120SGDでしたが若干値上がりしています。

衣装は『サリー』『シンガポール航空の制服』『ケバブ』の3点から選べます。その他の必要事項を入力して申し込みと支払いを行います。

シンガポール 変身写真 パンダバス 予約

パンダバスのホームページより引用

 

ツアー会社より確認のメール

ツアー会社のホームページで支払いまで完了すると登録したメールアドレスに確認のメールが入ります。

また、スタジオの予約が確定するとメールで確定書と当日スタジオで渡すクーポンが送付されてきます。

シンガポール 変身写真 パンダバス 確定書

シンガポール変身写真 確定書

後は当日スタジオへ行くだけです。

撮影するスタジオについて

スタジオはシンガポールの目抜き通りである『オーチャード通り』沿いにある The Makeover Inc です。

スタジオの様子

スタジオはコンコルドホテルのロビー階ににあります。土曜日に訪問したためでしょうか周りのオフィスはクローズでひっそりした場所にありました。

スタジオは広くはありませんが、お連れの人が待てるソファーがあります。

シンガポール 変身写真 スタジオ

引用:http dianaongsp.blogspot.com

スタジオへの地図

スタジオへのアクセスは、地下鉄(MRT)サマセット駅より徒歩5分強。地下1階2階のショッピングセンターを通過してホテルのロビー階に向かいます。

撮影の様子

撮影準備について

スタジオに入るとスタッフの方が手際よく進めてくれます。

  • 化粧を落としていく必要はありません。クレンジングで落としてからメイクしてもらえる。
  • 髪型は指定しない限り『夜会巻き』でセットしてもらえる。
  • 眉なども整えてもらえました。

 

スタジオにて撮影

時間にして20分程度ですが、プロのカメラマンさんがポーズの指定などしてくれます。

素人では引き出せないポーズや表情を切り取ってくれます。さすがプロやね~

せっかく撮影したんですがスグに写真が見れないので、自撮りして仕上がり具合を確認中。

シンガポール 変身写真 自撮り確認中

 

撮影後

撮影した写真から好きな写真を選びます。

写真の追加やメールで送信してもらうサービスもあり追加料金が必要でしたが利用しました。

一生に一回やから』と言いながらドンドンオプションを利用(記念写真あるある・・・・)

選択した写真はDVDに焼いて日本まで送ってくれます。エアメールの封筒に宛先を記入して終わりです。

メイクとヘアーはそのままで、華やかにガジノのあるベイサンズへGOしました。

 

撮影した写真

エアメールで送られてきます

10日ほどで自宅のポストにDVDが配達されていました。アジア諸国の中でもシンガポールはしっかりしてるので安心です。

シンガポール 変身写真 エアメール

 

撮影した写真

シンガポール 変身写真
シンガポール 変身写真
シンガポール 変身写真
シンガポール 変身写真

 

まとめ

 

・衣装、メイク、ヘアー、撮影コミで約1万円はお得。

・写真は少し修正してもらえます。(歯の黄ばみがなくなっていました)

・所要時間は約2時間

・日本語が全く通じませんが問題なく撮影できた。

・カメラマンのリードが良いので、最高の笑顔やポージングが出来る。

・シンガポールは文化の交差点だけあって洗練されたメークのイメージでした。

 

 

おまけ

シンガポールで忘れてはいけないのが『食』です。食べに行ったお店を一部紹介です。

Poh kee Eating House 1996

お店は美味しいものが多いチョンバルにあり、シンガポール航空のCAさんも足しげく通うと噂のお店です。

代表的な料理は『シャンパンポークリブ』で旨みはあるもののサッパリしたお肉でした。地元の方で大賑わいのオススメお店でした。

シンガポール 変身写真 シャンパンポークリブ

 

ウィーナムキー・チキンライス

ノベナにあるウィーナムキーのチキンライスが一番好きです。お客はローカルの方ばっかりで、地元の方が食べるチキンライスです。

日本では食べたことのない『しっとり』したチキンと、チキンの出汁で炊いたコメの相性はバッチリで、渡星した時は必ず食べに行くお店です。

シンガポール 変身写真 チキンライス

 

以上、読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です