SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス 関西~シンガポール搭乗記

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス フレンチトースト

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス に搭乗した時の様子をお伝えします。

機材は最新鋭の ボーイング787-10ドリームライナー で中距離でもフルフラットになるシートで、全席通路にアクセスできるスタッガードに配列されています。

シートの様子から機内食までレポートです。

ビジネスクラスの特典
特典 1 ビジネスクラス専用のチェックイン
特典 2 保安検査が空いている専用レーン受けれる
特典 3 ラウンジが利用できる
特典 4 優先搭乗と降機
特典 5 優先レーンでの入国審査(ない空港もある)
特典 6 預けた荷物が優先的に出てくる
SQ623 シンガポールへのフライトの概要
SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス 787-10
機材 ボーイング787-10
便名 SQ623
出発地 日本 関西国際空港 23:25発
到着地 シンガポール チャンギ国際空港 5:05着
飛行時間 6時間40分
座席 18D ビジネスクラス

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス ラウンジの様子

チェックインカウンターでもらえるチケット

ビジネスクラスの特典の一つであるラウンジについて、関西空港にはシンガポール航空のラウンジがなく代わりに写真のようなチケットがもらえます。

人生でビジネスラウンジを体験したことがありませんので、迷わずJALさくらラウンジに行きました。

チケット 表面チケット 裏面チケット 内容
SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス チケット
 チケットの内容  ※いづれか1つから選べます
JALさくらラウンジ 制限なし
がんこ寿司  2,000円分の飲食
プロント
タリーズコーヒー

JALさくらラウンジの様子

ウイングシャトル( 空港内の無人電車 )に乗って37ゲートと38ゲートの間にあるラウンジに向かいます。 念願のラウンジに入ります。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス さくらラウンジ

 

時刻はPM10:20分でしたが50%程の稼働率で人が多い印象でした。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス さくらラウンジ

 

JALさくらラウンジ フードメニュー

お楽しみの食事です。 唐揚げや中華からサラダまで一通りそろっています。アルコールからシフトドリンクまで充実しています。 料理の質に関してはレトルトトレベルの物がほとんどでした。期待していただけに撃沈でした。

【サラダ】トマト・マカロニサラダ・カーネルコーン・キャロット・ミックスサラダ
【ドレッシング】粗びきごまドレッシング・わさびドレッシング・イタリアンドレッシング

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス さくらラウンジ

 

料理が置いてあるブースの様子

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス さくらラウンジ

 

餃子と焼売です。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス さくらラウンジ

 

定番さくらラウンジのカレーライスです。 先輩方のブログで美味しいとのことで期待大です。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス さくらラウンジ

 

和食のコーナーれんこんのきんぴらとかぼちゃの煮物です。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス さくらラウンジ

 

パンとクッキー

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス さくらラウンジ

 

頂いたお料理です。 搭乗まで時間がなく25分ほどの滞在でした。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス さくらラウンジ

 

ブログの先輩方から高い評価お受けているカレーライスをいただきます。
ゴロンとした牛肉がたっぷり入っており街のカレーハウスにも負けない味で、ホテルカレーのような感じでした。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス さくらラウンジ

 

JALさくらラウンジ アルコール・ソフトドリンクメニュー

アルコールやソフトドリンク類については、なかなかの品ぞろえです。 自動ビールサーバーも備えており中々楽しめます。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス さくらラウンジ

 

自動ビールサーバーが面白い。こぼれないかハラハラドキドキです。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス さくらラウンジ

 

ソフトドリンクはファミレスのドリンクバーの機会が設置されています。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス さくらラウンジ

 

冷蔵庫の中にはフレッシュジュースと牛乳が入っています。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス さくらラウンジ

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス さくらラウンジ

搭乗します

搭乗ゲートの様子

写真の左がエコノミークラスで右側がビジネスクラスとスターアライアンスの上級会員の方用です。 右奥がビジネスクラスの方が待つスペースです。

今回ラウンジなどを回っていたら、すでに皆さん搭乗されており…最後の方の搭乗となりました。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス 搭乗ゲート

 

ボーディングブリッジの様子です。 エコノミーは右、ビジネスは左です。 今回は左へ行きます!

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス ボーディングブリッジ

 

機内の様子

今回のシートは、パートナーと2人で18D・18Fです。 ボーイング787-10のビジネスクラスの後方部分は川崎重工が作っているらしい。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス チケット

 

787-10のシート配列です。 カップルや友達で搭乗するときは奇数列の真中がおすすめです。 全席通路にアクセスできるスタイルで、シートの横のふくらみは物置などです。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス 座席順

※シンガポール航空のホームページより引用いたしました。

 

前方より撮影したボーイング787-10の機内の様子です。 ほぼ個室のような感じでした。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス 機内

 

後方より撮影したボーイング787-10の機内の様子です。 19インチのモニターが迫力あり、画質も良くみやすいです。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス 機内

 

離陸までに定番のウェルカムドリンクです。 シャンパーンを頂きました。 左側の通路は日本クルーの方で左側はシンガポールのクルーでした。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス ウェルカムドリンク

 

シートの様子

ウェルカムドリンクを飲み終えるといよいよ離陸です。 技術のの進歩で離陸時の振動や音が全くと言ってよいほどありません。

シートとシートコントロール

個室感が半端ないシートに驚きました。
隣の席との仕切りは手動ですが下ろすことが可能です。
枕やブランケットも上質なものが用意されています。
シートベルトが車と同じ3点式で、離陸後は2点に変更可能でした。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス シート

 

オットマンの画像です。ここに足を入れると曲げることなく伸ばすことが可能になります。下段は荷物と靴置きになります。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス オットマン

 

就寝時に使うフルフラットの状態です。
初めてのフルフラットシートの体験でしたが、現地に着いた時の疲れ感がエコノミークラスと比べて全然違います。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス シート

 

シートの各部をコントロールするパネルがシート横の側面に付いています。最初はこれがどこにあるか分らず苦労しました。
下に写っているのは、画面とエンターテインメントをコントロールするリモコンです( 脱着可能 )。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス シートコントロール

 

3連LEDの読書灯がサイドにあります。 アルカンタラ素材が高級感をだしており、使い方がうまいと思います。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス 読書灯

 

トイレの様子

清潔で、ハンドタオルが置いてあるのには驚きました。 清潔ですが無機質な冷たい感じです。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス トイレ

 

備 品

コンセントとUSB充電が2か所あります。
その他ヘッドセット、ミネラルウォーター、スリッパ、アイマスク、靴下が用意されていました。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス USB充電

 

ヘッドセットはノイズキャンセルが付いており、音楽を聴かなくても付けているだけで機内の騒音が軽減されます。
実際にスイッチをON/OFFを繰り返すと効果がはっきりわかります。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス ヘッドセット

 

機内食

離陸後楽しみにしていた機内食が始まります。 メニューには以下の文言があります。

ゆっくりお休みいただけるように、お食事は好きな時にご用意いたします。離陸直後、ご到着の2時間前、もしくは両方お選びいただけます。客室乗務員までお気軽にお申し付けください。

到着後はラウンジで軽食をとり、その後も食事の機会が多いため離陸直後に食事を頂きました。

メニュー

深夜便なので『 スリーパーサービス 』とのことであっさりとしたメニューで残念でした。
自分は和食の花恋暦を注文。パートナーは温製フレンチトーストとミックスベリーを注文しました。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス スリーパーメニュー

 

メニューの表紙

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス メニュー

テーブルセッティング

ビジネスクラスではテーブルクロスをセットしてくれます。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス テーブル

 

和食の花恋暦 ( はなこいれき )

ビジネスクラス = コース料理と思い込んでいましたが、深夜便はあっさりでした・・・・。
それでも止椀の味噌汁はしっかり温かく上空1万メートルでもこのクオリティーには頭が下がります。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス 和食

 

口取り

出汁巻き玉子、松茸香味お浸し、鶏葱味噌が付いてきます。
鶏も柔らかく味も濃くしっかりとした味です。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス 花恋暦

 

焼物

鮭塩焼き、菊葉・紅葉型ゴマ豆腐が付きます。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス 花恋暦

炊合せ

がんも煮、椎茸、インゲン、芋、人参が付きます。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス 花恋暦

 

香の物

漬物がたくさん付きます。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス 花恋暦

 

止椀

味噌汁が付きます。具は木の芽、椎茸、茄子です。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス 花恋暦

 

温製フレンチトーストとミックスベリー

パートナーがオーダーしたフレンチトーストです。
これが当たりで、熱々のフレンチトーストの上にたっぷりの生クリームが添えられておりフレッシュフルーツと併せヘルシーかつ食べごたえがあり大満足でした。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス フレンチトースト

フレンチトースト

色合いも良くスイーツのような感じになります。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス 温製フレンチトースト

 

オーダーしたドリンク

深夜便なのでアルコールもあまりお勧めされませんでしたので、定番のシンガポールスリングをオーダーしました。
真っ赤なカクテルですがとてもフルーティーな味わいで南国の国を感じさせるカクテルです。

SQ623 シンガポール航空 ビジネスクラス シンガポールスリング

まとめ

搭乗したまとめ

◆ 深夜便の機内食は『 スリーパーサービス 』でコース料理ではない。

◆ すごい個室感で座席に座ると他の人と顔を合わせることのない設計になっておいる。

◆ 顔が見えないということは、一緒に乗ったパートナーとも話すのに苦労した。

◆ 同乗者との食事のシェアには苦労する。( エコノミーなら簡単にできる )

◆ フラットベッドを利用して熟睡すると現地についてからの疲労感がまるで違う。

◆ さくらラウンジは期待していたほど食事を含め満足しませんでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)