Grabの使い方 配車アプリで移動が超快適 東南アジアの旅行が変わる

Grabの使い方

Grab 使い方 について、便利でしたので書かせていただきます。2018年11月にタイ ⇒ マレーシア ⇒ シンガポールを周遊した時に、公共交通機関やタクシーの代わりに利用した配車アプリの『グラブ』が非常に便利で移動のストレスが軽減されました。

東南アジアに旅行に行かれる方は利用をおすすめします。

Grab 使い方 グラブとは?

Grab(グラブ)とはスマホを活用した配車アプリを運営するシンガポールの会社です。

簡単に言うと

Grabの使い方 ウーバー car

 車に乗りたい人 ⇔ 車に乗せたい人を繋ぐアプリ

アプリを立ち上げると現在地の近くにいるグラブに登録した車が表示されます。

目的地を入力すると金額が表示され、確定すると配車が決定し現在地まで迎えに来てくれます。

使ってみた感想

Grab 良かった点
  1. 現地の言葉が話せなくても確実に目的地が運転手に伝わる
  2. 現在地まで迎えに来てくれる
  3. 乗車拒否をされることがない
  4. 相互評価制度がありドライバー評価が確認できる
  5. タクシーよりも安く電車やバスよりも早い
  6. データ専用SIMでも利用可能(アプリを日本でインストールする必要がある)
Grab 使いにくかった点
  1. スマホの示す現在地がずれていたら出会えないことがある
  2. 有料道路を利用すると現金が必要になる
  3. ショートメールでのやり取りが必要な時がある
  4. 補償やサービス体制はあるが、事故などトラブった時の対応は不安がある

利用できる地域

2018年11月現在で東南アジアの8か国で利用することが出来ます。詳しい地域については下記の表を参照してください。

シンガポールカンボジアインドネシアマレーシアミャンマーフィリピンタイベトナム
Grabの使い方 Where
Grabの使い方 Where カンボジア
Grabの使い方 Where インドネシアGrabの使い方 Where インドネシアGrabの使い方 Where インドネシア
Grabの使い方 Where マレーシア
Grabの使い方 Where ミャンマー
Grabの使い方 Where フィリピン
Grabの使い方 Where タイ
Grabの使い方 Where ベトナム

非常に便利で合理的なシステムですが、日本では素人が営利目的で客を乗せることは法律で規制されているため認可されていません(白タク行為)。規制のある国ではグラブの進出は難しいのが現状です。

UBERから事業を譲渡される

Grabの使い方 ウーバー 譲渡

引用:https://mothership.sg

以前は配車アプリと言えばUBER(ウーバー)を利用していましたが、2018年3月に東南アジアの事業をGrabに譲渡して撤退したため、2018年の配車アプリはGrab一択です

使い方 How to use

スマホにアプリがインストールされクレジットカードが登録されていることが前提で説明します。(インストールとクレジットカードカードの登録方法はこちら)

タイでGrabを使う

スワンナプーム国際空港 ⇒  Indigo Bar & Restaurant(レストラン)まで利用 約31km

Grabの使い方 地図

【 step1~7まであります 】

Picture

アプリを開く

Grabを立ち上げるGrabの使い方 アプリ

step1
Picture

目的地を入力

待機している車があるか確認して、目的地を入力するGrabの使い方 待機する車

step2
Picture

予約をする

金額を確認してBOOKのボタンを押して予約するGrabの使い方 BOOK31km乗って1,400円程度なら安いですね

step3
Picture

ドライバーが確定

ドライバーが決まり車種とナンバーが通知される。 車を見つけて合図するとスムースに乗車できますよ。Grabの使い方 ドライバー決定ドライバーの評価がレーティングにより確認できる。

step4
Picture

乗車する

無事に出会えたら乗車します。Grabの使い方 グラブカー

出会えない時はメッセージでやり取りします。自分もピンチの時は近くの風景の写真を添付したり対応しました。Grabの使い方 乗車

step5
Picture

乗車中

車内の様子。Grabの使い方 車内

スマホで走行ルートを確認できるので安心です。EMERGENCYのボタンを押すとSOSが出来ます。

Grabの使い方 ルート

step6
Picture

到着

目的地に到着したら降りるだけです。 降車するとドライバの評価画面が出るので、評価して終了です。 Grabの使い方 レシート数分から数時間で登録したメールにレシートが送付されます。

step7

車の大きさも選べます

今回は2人でしたので毎回『GRABCAR』でブッキングしました。(車種は、日産マーチやマツダデミオが多かったです)

Grabの使い方 車種

https://www.grab.com/sg/より引用

利用履歴

今回のGrabを利用した回数です。
タイ 2回
マレーシア(ペナン) 4回
シンガポール 4回

アプリのインストール

アプリはアップルストアかグーグルプレイからインストールすることが出来ます。

大事なポイント
  • アプリのインストールにはSMSが必要になるため日本で行う必要がある。(現地でSMSの受信が出来るなら問題ない)
  • クレジットカードの登録は日本では出来ないので現地に着いてから行う。(理由は不明です)

インストールの手順

① インストール② ログイン方法を選ぶ③ 質問の画面④ 電話番号の入力⑤ 位置情報について⑥ Welcome画面⑦ 日本では使えません
アプリインストール画面で『Grab』を検索してインストールする

 

Grabの使い方 インストール

『Facebook』『Google』『電話番号』の3つからGrabuへのログイン方法を選択する。

Grabの使い方 インストール2

端末の詳細にアクセスの可否を聞かれるGrabの使い方 インストール3

続いての質問画面Grabの使い方 インストール4

ご自身の電話番号を入力するGrabの使い方 インストール5

Grabが位置情報にアクセスすることを許可するGrabの使い方 インストール7

次の画面です
Grabの使い方 インストール6

Welcome画面が出たらインストール完了ですGrabの使い方 インストール8

日本ではGrabのサービスは提供されていませんので使えません。Grabの使い方 インストール9利用予定の地域までスクロールすると現在のGrabCarの状況を確認することが出来る

 

クレジットカードの登録 ( ※現地に到着してから行う )

クレジットカードを登録することにより現金のやり取りがなくなり何かと便利で細かいお金が不要になりストレスフリー。

① Grabを立ち上げる② 登録の準備③ クレジットカードの登録④ 登録完了
GrabPayをクリックしてクレジットカードを登録するGrabの使い方 クレジットカード

以下の2つのチェックを行うGrabの使い方 クレジットカード5

Grabの使い方 クレジットカード6

クレジットカードを登録するGrabの使い方 クレジットカード2Card number ⇒ クレジットカードの番号

Expiry(mm/yy) ⇒ カードの期限が2022年9月なら『09/22』と入力

CVV ⇒ カードの裏に記載されている3桁の番号を入力する

下記の画面がでたらクレジットカードの登録が完了ですGrabの使い方 クレジットカード3

事故やトラブルについて

利用中にトラブルや事故にあった事はありませんが、事故やトラブルの対策にはGrabも力を入れているようです。

それでも言葉の壁があり、緊急時に翻訳ソフトを利用する余裕はなく対応できないのが現実です。

EMERGENCY ボタンについて

Grabの使い方 emergency

乗車中の画面に『 EMERGENCY 』ボタンが表示されます。ボタンを押すとGrab側にも発報されSMSなどで確認が入ります。

ボタンの説明のページ ※日本語未対応

 

保険について Insurance

Grab利用時の事故については保険が適用されます。メールでのやり取りが可能ですが旅行者が申請するにはハードルが高い気がします。

Grabの使い方 保険

https://www.grab.com/th/en/insurance/

旅行者は旅行保険やクレジットカード付帯の保険が頼りになるのが現状です。

事故など緊急時には旅行保険の窓口に電話をする事をおすすめします。

渡航中スマホの通信をデーターSIMやWifiで過ごす方は電話(通話)できませんのでIP電話を利用する事をおすすめします。※IP電話とはインターネット網を利用した電話

  • LINE Out (無料)
  • 050plus (有料)

 

Grabを利用したまとめ

旅と言えば現地の交通機関を使って移動するのが旅の流儀ですが・・・・

今回はパートナーの体調が悪かったんです。

写真はいつも使っている交通系カードです。

Grabの使い方 交通系カード

旅の移動はすべてグラブを使いましたがほんま便利やったのでおススメです。

Grabを使うと旅のストレスが軽減される。

移動にかかる金額も安くなるが、それ以上に効率よく移動できることのメリットが大きい。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です